2012年1月8日日曜日

『秘密』10巻/清水玲子



ああ、なんというかねぇ。キツいですねぇ、ホントに。

読むのがいっそうしんどくなってきました。

最初から薪さんに幸せな未来はないだろうと思ってはいたけど、最後のページのあれ、途中での青木の「ここで気づいてれば薪さんを止められたかもしれない、あんなことになる前に」の独白。

暗い。

暗すぎる(´Д`)

最初の頃の「せつなさ」がただ「キツさ」になってるんだもん。そしてちょっと読みにくいの。回想とか夢とかごちゃごちゃで。

長いし。

薪さんの脳に刻まれた「秘密」。薪さんだけでなく、それぞれの脳に刻まれたたくさんの「秘密」。

ごく個人的な秘密であってさえ、死後に勝手に覗かれるのはたとえ犯罪捜査のためでも嬉しくはない。

そしてそれが国家機密に関わることになれば、ただの「口封じ」ではなく、「脳」そのものを破壊しなければ隠蔽できなくなってしまった「MRI」のある世界。

薪さんは脳を撃ち抜いて自殺するんでなければもう、精神崩壊して赤ちゃんみたいになって青木と雪子さんに一生面倒見てもらうのが一番幸せな未来のような気がする……。

雪子さん、ずっと嫌いだったんだけど、今も決して好きではないけど、今回の「ずっとあの二人の中に入りたかった。一緒に戦いたかった」っていうくだりはじーんときた。

すごくわかる。

男同士の「相棒」の絆の中に、女はどうしたって入っていけないから。

……しかし薪さんの鈴木や青木に対する想いは恋愛なのかね。雪子さんのセリフだとそう読めるけど……。まぁ薪さんが女性に恋するっていうのもちょっと想像できないのは確かだけれども。

それにしても今回も青木は馬鹿でむかつく!!!!!

そりゃ姉夫婦を惨殺されて、それを第一発見者として見てしまって、おそらくその原因は自分が第九にいることだってわかってる以上、青木もいっぱいいっぱいだろうけど。

でも薪さんのがもっとキツいんだよ、いつまでも薪さんに縋ってんじゃねぇや、このへたれ!

やっぱり薪さんを守れるのは岡部さんしかいないわ(こればっかり)。

さてどのような想像を絶する悲劇が待っているのか……もう次の巻ですぱっと終わってくれていいですよ、玲子さん。読むの精神的にしんどいです(>_<)

(でもまだまだ終わりそうじゃないよね、この話)

【関連記事】

『秘密』と“私の眼に映る世界”

清水玲子さんの『秘密』アニメ化!

アニメ『秘密』、関西では見られないのか?

『秘密』5巻/清水玲子

『秘密』6巻/清水玲子

『秘密』7巻/清水玲子

『秘密』8巻/清水玲子

『秘密』9巻/清水玲子

0 件のコメント:

コメントを投稿