2012年12月10日月曜日

爺ちゃんのこと

7月に、母方の祖母が亡くなった。

98歳。

90歳過ぎても元気で、亡くなる少し前まで頭もすごくはっきりしてた。

小さい頃から苦労して、色々とすごい婆ちゃんだったのだけど。

亡くなったのは7月27日。

ちょうど、ロンドンオリンピック開幕の日だった。日本時間だと開会式は28日の早朝で、ちょうど葬祭場で眠い目をこすりながら開会式を見ることになってしまった。

それで、「ああ、爺ちゃんはロサンゼルスオリンピックの時だったなぁ。葬祭場で森末さんの“10点!10点!10点!”を見たなぁ」と爺ちゃんが亡くなった時のことを思い出した。

実は、爺ちゃんが亡くなったのも、7月27日だった。

なんて仲の良い夫婦なのだろうか。

夫婦と言っても、爺ちゃんと婆ちゃんはいわゆる“事実婚”で、籍は入れてなかった。

そのことは前に、「祖父の思い出」という記事で書いたのだけれど、さらに爺ちゃんと私は血が繋がってなかった。

つまり、母は爺ちゃんの子どもではなかった。

これを知ったのは父が亡くなった時で、色々手続きをする上で母が自分の戸籍謄本だか抄本だかを取って、で、そこの「父親欄」に書いてある名前が、爺ちゃんとは違った。

思わず私は、「あれ?これ間違ってるよ」と言ったんだけど、戸籍謄本だか抄本だかが間違ってるわけはなく。

母、「実はあんたの知ってる爺ちゃんは私のホントの父親じゃないのよ」と衝撃発言。

私と弟は「えーーーーーーーーーっ!!!!!!!」と盛大に驚いた。

だって、「祖父の思い出」にも書いた通り、私たち兄弟は爺ちゃんにとても可愛がってもらったのだ。母の兄の子どもであるいとこ達も、特に“初孫”に当たるお姉ちゃんなどはすごくすごく可愛がられていた。

私の父方の祖父は病気で半寝たきりだったので、運動会に来てもらったのも遊園地に連れていってもらったのも、母方の爺ちゃん。家に行く頻度も圧倒的に母方の方が多くて、夏に遊びに行くと近所の市民プールに連れて行ってくれたり。

母の実の父親は母が10代後半の時に交通事故で亡くなったらしい。

あまりいい「お父さん」ではなかったというか、あまり家にいなかったみたい。母は、あんまり話してくれない。

祖母にとっては「前夫」にあたるその人が亡くなって、しばらくして、私が「爺ちゃん」と呼んでる人が家に来て、一緒に暮らすようになった。二人は籍こそ入れなかったけど、その後二十年余り、爺ちゃんが亡くなるまで良い夫婦だった。

母が父と結婚したのは酒飲みの爺ちゃんが酒飲みの父ちゃんを気に入ったからで、その後も父ちゃんと爺ちゃんの二人で旅行行ったり、なんというか、とっても“家族”だった。

“なさぬ仲”の娘の婿や子どもにあんなに普通に“家族”として接することができるものなんだなぁ。

籍を入れないとどうこうとか、夫婦別姓だと家族の絆がどうこうとかいうけど、爺ちゃんのこと思い出すとそんなの全然関係ないって思う。

爺ちゃんが亡くなる前、入院してた時、母や叔父さんは熱心に看病していたし、最後、延命治療を続けるかどうかについて決めた時のことを、母はその後も折りに触れ「辛かった」と言ってる。

そりゃあ、その「辛い」の中には色々な意味のことが含まれているのだろうけど、当時まだ高校1年だった私は母や叔父さんの態度に違和感を覚えるようなことは何一つなく。

だからこそ私も弟も「実は血が繋がってない」と知って盛大に驚いたわけで。

弟は「オレ、本当の爺ちゃんだと思って死んだ時大泣きしたのに!!!」などと言っていて。

いやいや、本当の爺ちゃんでしょう。大泣きして当然でしょう。血が繋がってようがいまいが爺ちゃんは爺ちゃんだよ。

何年か前、婆ちゃんが倒れて救急で運ばれた時、診てくれたお医者さんが婆ちゃんのことを知っていた。実はそのお医者さんは学生の時爺ちゃんと婆ちゃんが管理人をしてたアパートに住んでたことがあったのだ。

国家試験だか医大の受験だったか詳しいことは知らないんだけど、「諦めて故郷へ帰ろうと思います」と管理人室に挨拶に来た時、爺ちゃんが「もう1年がんばってみたら」と言って引き留めて、で、その学生は無事お医者さんになって、婆ちゃんを治療することになったらしい。

そんなことがあるんだなぁ。

酒飲みで孫に甘くてせっかちで達筆だった爺ちゃん。若い時何してたのかも知らないし、私が知ってる爺ちゃんはごく限られた「一面」でしかないだろうと思うけど、でも、爺ちゃんが私の爺ちゃんで良かったと心から思ってる。

爺ちゃん、ありがとう。

小学生の時爺ちゃんに買ってもらった24色の色鉛筆、今は私の息子が使ってるよ。

きっとあの世から見ててくれてるよね。

4 件のコメント:

  1.  こんばんは。
     良いお爺ちゃんだったんですね[E:confident]
     僕は夫婦別姓は反対の古い考えの持ち主なんですが(単に夫婦で別の姓なんて、面倒過ぎると思うだけですが)、血の繋がりよりも大事で強いものがあることは解ります。
     僕は十三の外れの下町の長屋で産まれ育ちましたが、そこは昔ながらの近所の皆で子育てをしているような集落でした。
     中でも3軒隣りのご夫婦・・・ いや、ご家族が、まるで僕を実の家族、息子、末弟のように扱ってくれました。 だから僕もこのご夫婦をもう一人の父と母と思ってました。 いつからか、『自分の結婚式は絶対にこのご夫婦に仲人をして貰おう。』と思うようになり、実際に仲人をお願いしました。
     何年か前に旦那さんが亡くなり、奥さんだけが残されたため、時折僕も顔を出すように心がけています。 沢山いただいた恩の、ほんのひとかけらだけでもお返ししたいという想いからです。 ある意味、実の父母には申し訳ないですが、実の父母より善くして貰い、また叱っていただいたご夫婦ですので。
     あ~、ダメですわ。 今ちょっと精神的に参ってるので、こんなこと思い出して書いたら、涙出そうですわ・・・[E:weep]
     あと、うちの実父にも血の繋がらない兄が居ます。
     祖母になかなか息子が出来なかったので、養子に貰った兄が居たのですが、養子をもらった瞬間に、父とその兄が産まれました。 その後、義兄は元の姓に戻り、今は千葉と、遠くに住んでいますが、今も変わらず本当の兄弟のように付き合ってます。
     それにしても命日が一緒なんて、本当に仲の良いご夫婦ですね[E:catface]
     うちの両親は戸籍上の誕生日が一緒です。 正確には母は戸籍上の誕生日と実の誕生日は違うらしく、父とは違う日らしいのですが[E:coldsweats01]
     僕の兄の奥さんの両親は、中3日くらいで相次いで亡くなりました。 事故などではなく、確か病気だったと思いますが、1週間に2回も葬式に行くなんて・・・ と思ったものです。 まるで後を追うかのようっでした。
     ひゅうがさんの祖父母様も、天国で仲良くお過ごしだと良いですね[E:happy01]
     きっとひゅうがさんご家族を見守ってくれてることでしょう。
     それにしても、ついこの前までお婆さんがご存命だったなんて羨ましいかも・・・
     僕とこはもう29年前に祖父母とも絶滅しましたからね。
     祖父なんて、僕が産まれた時には一人も居ませんでしたし。

    返信削除
  2. ��ちゃんちゃん様
    「中でも3軒隣りのご夫婦・・・ いや、ご家族が、まるで僕を実の家族、息子、末弟のように扱ってくれました。 だから僕もこのご夫婦をもう一人の父と母と思ってました。」
    うわぁ、素敵なお話ですね[E:shine]
    血の繋がりだけが「家族」じゃないし、近所の子を自分の子と同じように可愛がったり、叱ったりできるって、「人間」として「大人」として、すごく懐が深いですよね。
    今は近所でもどんな人が住んでるか知らなかったりしますものね…。
    「祖母になかなか息子が出来なかったので、養子に貰った兄が居たのですが、養子をもらった瞬間に、父とその兄が産まれました。」
    あ、爺ちゃんもそうだったらしいです。
    子供のいない親戚の家にもらわれたんだけど、もらわれた後でその家に男の子が生まれたので、爺ちゃんの立場は宙ぶらりんになったとか。
    それで結局爺ちゃんは元々の家のお墓でも養子に入った家のお墓でもない、とあるお寺で永代供養、ってことになってます。
    で、爺ちゃんと婆ちゃんは籍を入れてなくて婆ちゃんは前夫の姓のままで、婆ちゃんと爺ちゃんは一緒のお墓には入ってないんですよね。
    別に夫婦別姓でも一緒のお墓に入ることはできると思うんですけど、爺ちゃんと婆ちゃんの場合“再婚”だったこともあり…。
    もちろんお墓が別々でも、魂はあの世で仲良くしていると思うのですけどね。
    「祖父なんて、僕が産まれた時には一人も居ませんでしたし。」
    そうなのですか。
    爺ちゃんや婆ちゃんの思い出がいっぱいあるのはホントにありがたいです。
    婆ちゃんにはひ孫の顔も見せることができましたし。
    そう言えばうちの息子が生まれた時、ひい婆ちゃんが3人存命だったんです。
    そのうち一人は一緒に住んでましたし、なかなか珍しい境遇ではないかと。
    ひい爺ちゃんはみんな鬼籍、っていうのがまた、男性と女性の寿命の差を思い知りますね[E:coldsweats01]
    昔のことだから結婚した時にそもそも年齢差があるという要因もあるでしょうけど。

    返信削除
  3.  こんばんわ!まだ5時だというのに、もう暗闇です。今日の記事を読んで、島倉千代子が唄ったように「人生いろいろ」なんだな~と改めて思いました。生きてる人の数だけ物語があって、そこに喜怒哀楽がうまれる。だから、今ここに在るとは奇遇で面白いし飽きないのかも・・・。
     僕も爺ぢいとの縁は薄かったので、長女に初孫娘ができた時は、心底からの喝采でしたよ。それで三冊の詩「遙花の詩」をかきました。この子が成人した時に貴女のように爺ぢいを愛しいと思ってくれるか?それは月日に待たねばなりませんが、そういう想いを一杯に込めて作ったもので、女房がサイドボードにその3を掲載してくれたので、暇と時間と興味と根気があったら読んでみてください。
     それはそうと、貴女は文芸評論家としても、演劇評論家としても、あるいは、さまざまな事への批評家としても成功するのではないかと思いますよ[E:scissors]その方面に気持ちが向いたりはしませんか?
    選択肢の一つに加えたらどうでしょう。余計なお世話かもしれませんが[E:coldsweats01]

    返信削除
  4. ��まんぼ様
    こんにちは[E:happy01]
    やはり孫というのは可愛いものなのですね~。
    きっとお孫さんも爺じぃ大好きに育っているのでしょうね。
    お爺ちゃんお婆ちゃんに可愛がられた記憶ってホントにいつまでも心に残るものなので、これからも猫可愛がりしてあげてください(笑)。
    「生きてる人の数だけ物語があって、そこに喜怒哀楽がうまれる。」
    本当にそうだと思います。
    父や祖母の死をきっかけにこれまで知らなかった親戚の話などを聞く機会が増え、「身近にそんなドラマみたいな話が!?」と驚くこともしばしば。
    「平凡な人生」なんてないのかもしれません。
    「貴女は文芸評論家としても、演劇評論家としても、あるいは、さまざまな事への批評家としても成功するのではないかと思いますよ」
    嬉しいお言葉、ありがとうございます[E:heart04]
    がんばります[E:sign02]

    返信削除